FILE.19

下長者町通智恵光院東入の町家

#sold

京都市街を南北に走る最大の幹線道路、堀川通から下長者町通を西へ。
日本最初のRC構造の集合住宅、現在はアートスポットともなっている堀川団地の間をくぐり抜けると
細い道の両側に住宅がひしめく京都らしい風景が広がります。

古い町家と新しい住宅が混在して建つ通り沿いには、
昔ながらのお米屋さんや和菓子屋さん、オシャレな町家の美容院、
ところどころに顔をのぞかせる小さな商店が、京都気分を盛り上げてくれます。

物件は、いわゆる「うなぎの寝床」と呼ばれる伝統的な形の町家。

京町家のシンボルでもある出格子は取り外されており
モルタルの外壁にタイルが装飾された控えめな姿は、華こそないものの、
形や窓配置などのバランスは良く、
壁を漆喰に戻し、格子をつければ、凛々しい姿を取り戻しそうです。

お住まい、セカンドハウスに

奥に長い間取りはまさに「うなぎの寝床」。
建築当初の京町家の特徴をそのままとどめた貴重な建物です。

使い込まれて艶の出た長い土間に沿って、いくつもの部屋が連なり、
建物の中央部分には、室内に光を届け、風を生み出す中庭が作られています。

建物内は一部改装されているところもありますが、
構造を見せた大和天井、タイルの流し台、土壁を丸くくりぬいた下地窓など古さを残した部分が多くあり、
歴史を刻んだ住宅ならではの趣きに包まれています。

この家の特徴ななんと言っても天井には立派な梁。
思わず感嘆の声をあげるほど、太く力強い梁が、天井を豪快に貫きます。
これほど立派な梁を眺める喜びは、他の家ではなかなか味わえません。

不動産投資なら町家のシェアハウスやシェアオフィスも

居室がいくつも連なる間取りは、数人で空間をシェアする「シェアハウス」や「シェアオフィス」の用途にぴったりです。

人との繋がりを大切にする住まい方は、昔ながらの町家暮らしに通じる部分も多く、
和の風情や古い建物のおおらかさも手伝って、きっと楽しく有意義な関係を育む施設になるはず。

また、日本で最もベンチャー企業が多いと言われる京都で、
町家のシェアハウスを経営するのも面白いかもしれません。

物件はご見学も可能です。
お問い合わせは お問い合わせフォームまでお願いいたします。

//物件概要//

価格:
契約済
住所:
京都市上京区
敷地:
148.69u(約44.9坪)
仮テープ測量面積約154.88u(約46.8坪)